トップページ > 全国担い手育成総合支援協議会 > 事業報告書











平成18年度事業報告書

機ス柔会員

本協議会は、平成17年3月24日に16機関・団体で発足し、その後17年度に4機関・団体、18年度に1機関・団体が加わった結果、平成18年度末では21機関・団体で構成されている。

平成18年度末現在の役員等は以下の通り。
会 長    太田 豊秋  全国農業会議所会長
副会長   宮田 勇    全国農業協同組合中央会会長
監 事    盆掘”霄  全国農業協同組合連合会会長
        森永 正彬  全国農地保有合理化協会副会長
幹事長   久寝 正則  全国農業協同組合中央会営農・経済事業改革推進部長
事務局長  伊藤 嘉朗  全国農業会議所農政・担い手対策部長
(構成会員名簿は別紙1)

供コ萋阿僚電

1.都道府県・地域担い手育成総合支援協議会に対する支援
担い手の育成・確保を効果的に実施するため、都道府県担い手育成総合支援協議会担当者会議の開催、必要な普及・啓発資材の作成・配布等の支援を実施した。
また、地域担い手総合支援協議会の設立に向けた取り組みを支援した結果、平成18年度末で1,220の地域協議会が設立され、全市町村のうち地域協議会が存在する市町村の割合は79%となっている。

2.担い手の明確化とアクションプログラムの作成
本協議会は、平成17年3月に閣議決定された「新たな食料・農業・農村基本計画」の「農業構造の展望」(平成27年)に示された、効率的かつ安定的な農業経営が農業生産の相当部分を担う農業構造の確立に向けて、担い手の育成・確保に取り組んでいる。
その際、当面平成21年度末の具体的な数値目標を掲げるとともに、その目標達成に向けて、18年度の数値目標を設定し、必要な事業を実施することを定めた「平成18年度アクションプログラム」を策定した。
また、全国・都道府県・地域の各段階におけるアクションプログラムの共有化に努めた。なお、18年度全国段階の数値目標と都道府県段階の数値目標は、ほぼ同水準だったため、数値の見直しは行わなかった。
(18年度アクションプログラムは別紙2)

3.担い手の「量」と「質」の実現並びに品目横断的経営安定対策対象者の確保
本協議会は、都道府県・地域協議会とともに、品目横断的経営安定対策をはじめとする様々な担い手・経営対策と密接に連携して、担い手の育成・確保に取り組んだ。特に、平成19年度から導入される品目横断的経営安定対策の対象者を1人でも多く確保する観点から、担い手の「量」の増加に全力を挙げた。
この結果、平成18年度末の認定農業者数は228,538経営体となり、年度末目標約225,000経営体の数値目標を達成することができた。昨年度1年間の新規加入者は36,537経営体となっている。
集落営農組織は、近年1万程度で推移してきたが、大きく増加して19年2月1日現在で12,095となっている。このうち18年度末の特定農業法人は228増えて558、特定農業団体は1,133増えて1,323となり、年度末目標は達成できなかったものの、大きな増加となっている。
また、9月から受け付けが始まった秋まき麦について品目横断的経営安定対策への加入申請を積極的に促した。この結果、全国で認定農業者24,646経営体、集落営農組織3,054経営体が加入を申請し、前年作4麦作付面積のほぼ9割を確保することができた。 
さらに担い手の経営改善・確立に資するため、経営者能力の向上、集落営農の法人化などの支援を実施した。
 
4.スケジュール感を持った担い手育成・確保
担い手の育成・確保に向けて、年を4期に分け、スケジュール感を持って、全国、都道府県、地域の各段階で取り組んだ。

(1)前期 認定農業者掘り起こし・集落営農組織化強調月間(4〜6月)
地域の実情に即した担い手の明確化と大幅な増加を図るため|楼茲涼瓦ぜ蠅稜定農業者への誘導、⊇戸遽椎世料反ゲ宗λ/猷修鮟電世箸靴銅茲蠢箸鵑澄
(2)前期 担い手経営安定新法対象者確定月間(7〜9月)
9月1日から始まる19年産秋まき麦の品目横断的経営安定対策への加入受付を前に、対象者のリストアップや掘り起こし、加入に向けた誘導を積極的に取り組んだ。
(3)後期 認定農業者掘り起こし・集落営農組織化強調月間(10〜12月)
19年度概算要求に盛り込まれた担い手に対する斬新な経営支援対策の周知徹底を図るとともに、新たな野菜対策・畜産対策とも連携しながら、集落座談会や戸別訪問等の取り組みを実施した。また、11月末の秋まき麦の加入申請の締切に向けて、要件を満たす認定農業者・集落営農の加入に向けた誘導を積極的に行った。
(4)後期 担い手経営安定新法対象者確定月間(1〜3月)
全国・都道府県、地域段階の協議会が一体となってアクションプログラムの実現を目指し、担い手になることのメリットを積極的にPRしながら、認定農業者の育成・確保に取り組んだ。また、4月から品目横断的経営安定対策の本格実施を迎えることから、稲作、大豆等の生産者に対して制度の周知徹底、加入の誘導を行った。

掘ゲ餤津の開催状況

1.総会
  第2回通常総会
  【日時】平成18年5月30日
  【場所】東京・マツヤサロン「オークルーム」
  【議事】(神17年度事業報告ならびに収支決算承認に関する件

 第3回通常総会
  【日時】平成19年3月16日
  【場所】東京・虎ノ門パストラル「ヴィオレ」
  【議事】 (神19年度事業計画の設定に関する件
       ∧神19年度収支予算の設定に関する件
       J神19年度アクションプログラムの設定に関する件
       さ約改正に関する件

2.幹事会
(1)第1回幹事会 
  【日時】平成18年5月18日
  【場所】東京・虎ノ門34MTビル会議室
  【協議】 〜換饕瓦ぜ螳蘋総合支援協議会第2回通常総会提出議案について
       ∧神18年度優良担い手表彰・発表事業の実施について
       今後の担い手育成・確保運動の取り組みについて
       い修梁

(2)第2回幹事会 
  【日時】平成18年8月4日
  【場所】東京・JAビル8階第2会議室
  【協議】 ヾ柑長の選任について
       ■隠固度優良担い手表彰の審査について
       8經の取り組みについて
       す柔団体の担い手育成・確保に向けた取り組みについて
       ノ紅餤程等の一部改正について
       Ε曄璽爛據璽犬離螢縫紂璽▲襪砲弔い
       Г修梁

(3)第3回幹事会 
  【日時】平成19年1月26日
  【場所】東京・JAビル8階第3会議室
  【協議】 (神19年度の全国協議会事業計画及びアクションプログラムについて
       ⊂鑁ご柑会の設置について
       新規加入について
       な神18年度優良担い手表彰・発表事業の取組状況について
       ス柔団体の担い手育成確保に向けた取り組みについて
       Δ修梁

(4)第4回幹事会 
  【日時】平成19年2月28日
  【場所】東京・蚕糸会館第2会議室
  【協議】 …名鐐躄餤聴討砲弔い
        駟神19年度事業計画の設定に関する件について
        鯤神19年度収支予算の設定に関する件について
        麒神19年度アクションプログラムの設定に関する件について
        規約改正(常任幹事会の設置等)について
       会員の新規加入について
       その他

3.都道府県担い手育成総合支援協議会担当者会議
  【日時】平成18年4月25日
  【場所】東京・ベイ有明ワシントン
  【協議】 |瓦ぜ螳蘋・確保に向けた運動的な取り組みについて
       担い手総合支援の推進と担い手協議会の運営について
        饕瓦ぜ螳蘋・確保関連事業の推進について
        鮹瓦ぜ蟠┻腸顱焚餬彭)について
       C瓦ぜ蠅悗侶弍鳥餮擦留潦蠅幣儀僂紡个垢觧抉隋頁清蛤得鍵儖会の設置等)
         の推進について
       ち換饕瓦ぜ螳蘋総合支援協議会構成会員からの担い手育成・確保に関する
         情報提供について

  【日時】平成18年10月12日
  【場所】東京・タイム24
  【協議】 |瓦ぜ螳蘋・確保に向けた後期対策の推進について
       ∧神19年度予算概算要求について
        饕瓦ぜ螢▲ションサポート事業等について
        鮹瓦ぜ蟠┻腸颪留娠帖焚餬彭)について
        鷦入減少影響緩和交付金に係る積立金管理者の業務について
        担い手経営革新促進事業について
        地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業について

  【日時】平成19年2月5日
  【場所】東京・ホテルJALシティ田町
  【協議】 ’清鳩弍調霹弑化準備金の概要について
       特定農業団体の設立・運営、会計・税務の留意事項について
       J神19年度担い手育成総合支援協議会関係予算等について
        饕瓦ぜ蟠┻腸颪硫餬彁務等について
        鮹瓦ぜ螢▲ションサポート事業について
        鷦入減少影響緩和対策における積立金管理者について
        担い手経営革新促進事業について
        地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業について
       ち換饕瓦ぜ蟠┻腸颪離▲ションプログラムの考え方について

4.各種研修会・シンポジウム
(1)経営改善・能力向上支援活動
  ア.担い手づくり集落リーダー・関係機関担当者研修会(経営改善シンポジウム)
  【日時】平成18年6月15日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【内容】ヾ霙簡鷙
       「担い手育成に向けた取り組みの課題」
        中央農業総合研究センター 農業経営研究チーム長 梅本 雅氏
      ∋例報告
       「JAえちご上越 担い手育成プラン」
        JAえちご上越 営農生活部長 古川 敏雄氏
       「青森県弘前市における担い手づくりの取り組みについて」
        弘前市農業委員会 農地流動化推進委員長 小野 誠一氏
       「福島県農業公社における農用地利用調整の取り組み」
        福島県農業公社 参事兼農地調整課長 片平 純氏
      パネルディスカッション
       ◇コーディネーター
         中央農業総合研究センター 農業経営研究チーム長 梅本 雅氏
       ◇パネリスト
         JAえちご上越 営農生活部長・古川 敏雄氏
         弘前市農業委員会 農地流動化推進委員長 小野 誠一氏
         福島県農業公社 参事兼農地調整課長 片平 純氏
         税理士 森 剛一氏
         農林水産省経営政策課長 柄澤彰氏
         全国農業会議所農政・担い手対策部経営担当部長 小滝 丑太郎氏
         全国農業協同組合中央会営農総合対策課長 生部 誠治氏

 イ.都道府県協議会スペシャリストおよび担当者研修会(経営改善指導者養成研修会)
  【日時】平成18年7月13日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【研修1】品目横断的経営安定対策の手続き等について
       説明:全国担い手育成総合支援協議会
  【研修2】新会社法と品目横断的経営安定対策を踏まえた農業法人の会計・税務等

 ウ.実践的経営体養成研修会(日本農業法人協会委託事業)
   第1回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成18年6月23日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【内容】 ’清繁/祐慙■隠固度税制改正について
        ◇講師:森税務会計事務所代表 森 剛一氏
       ▲櫂献謄ブリスト制度のポイントと対応
        ◇講師:共栄火災海上保険株式会社 系統市場開発部
          課長 岸 利次氏  課長代理 安藤 裕之氏

  第2回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成18年10月25・26日
  【場所】東京・品川プリンスホテル
  【内容】 ‖昌唆箸箸力携
      ◇講師:有限会社新福青果 代表取締役 新福 秀秋氏
     ⊂ι奮発(ヒット商品、ブランドの確立)の実践〜伊勢丹のブランド戦略〜
      ◇講師:伊勢丹 MD統括部食品営業部
        商品担当マネージャー 中野 健一氏
     食の安全・安心に応える「コンプライアンスと社会的責任」の実践
      ◇講師:株式会社損害保険ジャパンリスクマネジメント BCM事業本部
        危機管理事業部長 福田 隆氏
     つ其盞彁擦亮駄魁祖其盞彁擦砲弔い董
      ◇講師:多賀貴志社会保険労務士事務所 代表 多賀 貴志氏

  第3回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成18年11月28日・29日
  【場所】福岡・東京第一ホテル福岡
  【内容】 仝楜卷足の基本と実践
      ◇講師:株式会社インソース 代表取締役 舟橋 孝之氏
     契約栽培の取組み
      ◇講師:有限会社図師農園 代表取締役 図師 賢児氏
     若手・後継者のリーダーシップ
       ◇講師:有限会社ブレインアンドスタッフ 代表取締役 山崎 治郎氏

  第4回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成19年1月18日・19日
  【場所】大阪・ホテルモントレ大阪
  【内容】 ヽ萍する女性リーダーに学ぶ
      ◇講師:株式会社アメリカンファミリー生命保険会社 
        顧問 湯本 壬喜枝氏
     ⊂ι奮発(ヒット商品、ブランドの確立)の実践
      ◇講師:株式会社インソース 講師 青野 祐一氏
     C羮企業のOJT〜OJTの計画と目標設定〜
       ◇講師:多賀貴志社会保険労務士事務所 代表 多賀 貴志氏
 
  第5回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成19年2月8日・9日
  【場所】札幌・ホテルポールスター札幌
  【内容】 仝楜卷足の基本と実践
      ◇講師:株式会社インソース 代表取締役 舟橋 孝之氏
     ⊆匆駟欷院ο働保険の実務
      ◇講師:多賀貴志社会保険労務士事務所 代表 多賀 貴志氏
     事故・事件から見る食に関する危機管理上の諸ポイントについて
      ◇講師:株式会社損害保険ジャパンリスクマネジメント BCM事業本部
        危機管理事業部長 福田 隆氏
     ぞι奮発(ヒット商品、ブランドの確立)の実践
      ◇講師:株式会社インソース 講師 青野 祐一氏

  第6回実践企業的経営体養成研修会
  【日時】平成19年3月7日・8日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【内容】 〇故・事件から見る食に関する危機管理上の諸ポイントについて
      ◇講師:株式会社損害保険ジャパンリスクマネジメント BCM事業本部
        危機管理事業部長 福田 隆氏
     ∋業承継対策について
      ◇講師:有限会社松尾エフピー総合研究所
       代表取締役 松尾 俊一郎氏
     7戚鷓惑櫃亮菫箸
      ◇講師:株式会社野菜くらぶ 代表取締役 澤浦 彰治氏
     だ菴併例に学ぶ人材育成の実践
       ◇講師:有限会社コッコファーム 代表取締役 松岡 義博氏

(2)経営多角化・高度化支援活動(日本農業法人協会委託事業)
  ア.経営多角化・高度化シンポジウム
   第1回経営多角化・高度化シンポジウム
  【日時】平成18年6月23日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【内容】「農産物等の輸出の現状について」
      「商談会参加へのポイントと過去の成功例」
       ◇話題提供者
        アジアネット 代表 田中 豊氏
        エグジビジョン テクノロジーズ(株)代表取締役 井手 一夫氏
       ◇パネラー
        (有)伊豆沼農産 伊藤 秀雄氏
        (有)吉川農園  吉川 幸人氏
        (有)新福青果  新福 秀秋氏

  第2回経営多角化・高度化シンポジウム
  【日時】平成19年3月9日
  【場所】東京・浅草ビューホテル
  【内容】「全国の先進事例から経営戦略を分析する」
      ◇コーディネーター
        鳥取環境大学 教授 金子 弘道氏
      ◇パネラー
       (有)谷口農場 谷口 威裕氏
       (株)ヒルズ 佐藤 希志男氏
       (有)フジタファーム 藤田 毅氏
       (有)王隠堂農園  王隠堂 誠海氏
       (有)松本農園  松本 武氏
       (有)勝山シークワーサー 山川 良勝氏
      ◇コメンテーター
       消費科学連合会 内藤 英代氏
      (株)ジャパン・アグリカルチュア・マーケティング&マネジメント 林  辰男 氏 
      (株)グレイン・エス・ピー 八木 俊明氏
      (有)伊豆沼農産 伊藤 秀雄氏
      (有)吉川農園 吉川 幸人氏

(3)担い手交流支援活動
   第9回全国農業担い手サミットinながさき
  【日時】平成18年10月26・27日
  【場所】長崎県下
  【内容】〜澗硫
       パネルディスカッション
       ■テーマ:「元気が出る農業の実践に向けて!!」
             〜持続的経営改善努力と確立・発展へのプロセス〜
       ◇総括指導・助言者
        九州大学大学院教授 甲斐 諭氏
        コーディネーター
        マーケティングプロデューサ 平岡 豊氏
      パネリスト
        露地野菜(岩手県) 三浦 正美氏
        水稲・転作大麦・大豆(福井県) 帰山 安夫氏
        (有)くぼ観光農園代表取締役(岡山県) 藤原 健二氏
        (農)霧山茶業組合(高知県) 中山 美佳氏 矢野 靖氏
        (農)ファーム・おだ組合長理事 吉弘 昌昭氏
        (有)雲仙きのこ本舗代表取締役 楠田 喜熊氏
     ∧団討議
       テーマ「経営改善の取り組み〜経営の課題と改善への努力」
     情報交流会

5.担い手優良事例調査活動
平成18年度優良担い手表彰を実施し、全国から54の応募があり、認定農業者個人・土地利用型、認定農業者個人・施設等型、認定農業者法人・土地利用型、認定農業者法人・施設等型、集落営農の5部門について、農林水産大臣賞5件、農林水産省経営局長賞22件、全国担い手育成総合支援協議会会長賞25件を選定し、表彰を行った。(受賞者一覧は別紙3参照)
なお、審査に当たっては、学識経験者を加えた優良担い手表彰審査委員会を設置するとともに、審査の客観性をより確保するため、項目ごとの達成状況等を点数にして評価し、さらにリーダーとしての地域農業への貢献、地域への波及効果など定性的評価項目についても点数で評価するよう審査基準を見直した。

(1)優良担い手表彰審査委員会
    第1回優良担い手表彰審査委員会
  【日時】平成18年11月22日
  【場所】東京・都市センターホテル
  【協議】 (神18年度優良担い手表彰審査要領について
       ∈8紊離好吋献紂璽襪砲弔い

   第2回優良担い手表彰審査委員会
  【日時】平成18年12月14日
  【場所】東京・蚕糸会館
  【協議】 (神18年度優良担い手表彰各賞候補の選定について
       ∈8紊瞭程および現地確認の実施について

   第3回優良担い手表彰審査委員会
  【日時】平成19年2月8日
  【場所】東京・都市センターホテル
  【協議】 (神18年度優良担い手表彰大臣賞受賞者候補・現地確認の報告
       ∧神18年度優良担い手表彰各賞推薦候補の決定について

(2)全国優良担い手表彰・発表会
  【日時】平成19年2月26日
  【場所】東京・虎ノ門パストラル
  【内容】第1部 平成18年度優良担い手表彰式
      賞状授与
       ○農林水産大臣賞
       ○農林水産省経営局長賞
       ○全国担い手育成総合支援協議会会長賞

      審査委員長報告

     第2部  農林水産大臣賞受賞者の事例発表会
      ○愛知県愛西市  杉村 義仁 氏
      ○高知県香南市  武市 弘 氏   
      ○広島県北広島町 農事組合法人 うづつき 代表 小川 和夫 氏 
      ○山梨県山梨市  有限会社 ピーチ専科ヤマシタ 代表 山下 一公 氏
      ○滋賀県安土町  西老蘇営農組合 代表 安田 惣左衛門 氏

  1. 優良認定農業者
      農林水産大臣賞 農水省経営局長賞 全国担協会長賞 小計
    個人・土地利用型 1 5 9 15
    個人・施設等型 1 5 5 11
    法人・土地利用型 1 4 5 10
    法人・施設等型 1 3 3 7
    合計 4 17 22 43
  2. 優良認定農業者
    農林水産大臣賞 農水省経営局長賞 全国担協会長賞 小計
    1 5 3 9


6.担い手情報発信整備
認定農業者の経営改善計画等の管理を支援するとともに、3年目・5年目の計画達成状況を把握し、きめ細かな経営支援対策を実施するため、認定農業者経営改善管理システム、担い手経営分析ソフトを開発した。

(1)担い手情報システム運営委員会
  【日時】平成18年9月7日
  【場所】東京・全国農業会議所会議室
  【内容】 /靴燭蔽瓦ぜ蠑霾鶸浜システム(仮)について
       ∈8紊侶弍勅詑崗霾鷦集・提供活動のあり方について

(2)担い手経営分析ソフト企画開発検討会
   第1回検討会 
  【日時】平成18年9月7日
  【場所】東京・全国農業会議所会議室
  【内容】 /靴燭蔽瓦ぜ蠏弍朕巴妊轡好謄爐了斗妖について
       ▲轡好謄牾発の日程について

  第2回検討会 
  【日時】平成19年1月10日
  【場所】東京・全国農業会議所会議室
  【内容】 /靴燭蔽瓦ぜ蠏弍朕巴妊轡好謄爐了斗妖の確認について

(3)全国協議会のホームページのリニューアル
担い手に関する情報発信をより強化するため、本協議会のホームページをリニューアルした。

検ド甬攣駑租の作成

担い手の育成・確保の取り組みに資するため、以下の普及資料を作成し都道府県協議会等を通じ、担い手等関係者へ配布した。

資料名・・・ 作成部数
○新聞広告(3回)・・・1,842,000部
○担い手づくり推進チラシ(1回)・・・200,000部
○担い手づくり推進ポスター(2回)・・・ 35,000枚
○担い手づくり推進DVD・ビデオ・・・ 939本
○担い手づくり活動事例集・・・30,000部
○担い手優良事例集・・・10,000部

后デ清鳩弍調霹弑化資金円滑化貸付に係る経営診断

農林漁業金融公庫が実施する農業経営基盤強化資金円滑化貸付に際しての経営診断を年間30件実施した。